ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年2月24日金曜日

マイク分離型補聴は、お客様の聞こえの満足度は高い


マイク分離型補聴は、
飛び出したマイクを耳介の溝に納める構造になっています。

利点としては、前方の音が入りやすい耳本来の集音効果が活かされます、
現に装用されている方に伺っても、今まで使用してきた(耳穴型)に比べても
言葉の聞き取りが良くなった、電話の時はハウリングで困ったが、分離型に買い替えて
からハウリングもなく聞きやすくなった あと一番喜んで頂ける事は、魚釣りが好きなお客さまで、
海辺に出掛けると風が強い時は風切り音(ザーザー)がやかましくてとても
装用している事が出来なかったが、風切り音も無くなり快適に釣りを楽しんでおられる方の話も聞かせて頂きました 
補聴器装用されている方で風の音に悩まされている方には朗報ではあります。

旧ブログですが、この関連記事はこちら
 http://national.blog36.fc2.com/blog-entry-1024.html


豊橋店 M