ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年3月21日水曜日

補聴器と集音機…意外!?と知られてないこと


一般的に補聴器と集音機の違いを知らない方が多いようです。
よく、お客様からも補聴器と集音機は違うの?
と聞かれることがあります。



















今回は、補聴器と集音器の違いを少しお話しさせていただきます。

「補聴器」は医療機器で、「集音器」は医療機器ではありません。
そこがまず大きく違う点になります。

医療機器になると薬事法により、効果や安全性について一定の基準を満たさなければ
認めてもらえません。
そのため、製造・販売するためにはさまざまな制約があります。
しかし、医療機器ではない集音機等は製造・販売に制約がありません。

それに 補聴器は、使う人の聞こえに音を合わせて(調整して)使用するのに対して
集音器は音の上げ下げはできても聞こえを合わせる(調整する)ことができません。

購入を検討する際は、まず、両者の違いを十分に理解することが大切です。