ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年5月28日月曜日

くやし涙


先日 僕がコーチしている少年サッカーチームの試合がありました。
2試合行いました。

最初の試合は、相手チームに対して終始攻めていたんですが、不運なフリーキックからの失点。
その後もたまたま蹴ったボールが飛び出していたキーパーの頭上を越えて失点。
結果 0-2 で負け。

2試合目は、シーソーゲーム。
1点入れられたら、1点返す という内容。見ていて面白い試合でしたが、
攻めきれず 3-4 で惜敗。

どちらも、かなり惜しい試合だっただけに、試合後は悔し涙を流す子どもが数名いました。
中にはわんわん泣く子も。
実力的にも決して劣ってなかっただけに悔しさもひとしおでしょう。

その後 最初に負けたチームが決勝トーナメントに勝ち進み、この大会で4位だったそうです。

試合後のミーティングで自分たちの弱点やこれからの練習の取り組みの姿勢を再確認しました。

今までは、負けてもケロッとしてる子が多かったのに、そういった悔しさが出てきたので これからが楽しみになってきました。

次は7月にまた大きな大会があります。それまで練習がんばろう!!


コーチ達もがんばります!!

大垣店 H