ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年6月28日木曜日

汗も弾く!超撥水加工の補聴器なら梅雨も夏も安心です。

撥水加工をした補聴器は耐水性が極めて良くなっています。
実際の故障率も8割減と素晴らしい効果が出ています。
防水型より安価で応用範囲の広い撥水補聴器が注目です。
補聴器の最も苦手な物は水。
精密機械ですので、サビが故障に直結します。
ですが、「防水」補聴器はまだまだ高額品しかありません。
  【 内部まで守る撥水加工 】
今一番注目されているのが「撥水」補聴器です。
水がかかっても弾く加工がされています。
Body outside
ケースの表面で水が浮いている様子がわかりますね。
Body inside    
撥水補聴器の素晴らしいのは内部の基板まで加工されていること。
仮に電池交換などで水分が入り込んでもしっかり保護されます。
このおかげで、夏場の故障が多い時期でも修理率が8割も減ったそうです。
   【 GN社製は耳あな型も撥水仕様 】
特にGNリサウンドの補聴器は耳かけ型だけではなく、耳あな型の補聴器も撥水加工されています。
比較的高額な防水補聴器と異なり、GNリサウンドの補聴器はポケット型以外は全ての機種が撥水加工されています。ですので、普通の補聴器と変わらず、多彩な形状や価格帯から選択して頂く事が可能です。
  【 撥水でも乾燥ケースは必要 】
撥水加工で耐水性は格段に向上しています。
ですが、乾燥剤との併用で安心感は更にアップします。
乾燥と同時に除菌や脱臭も行う機器もご紹介しています。
ぜひ店頭でその効果をお確かめください。
  岐阜店 K