ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年6月1日金曜日

iPadで聞こえをチェックしましょう

タッチ操作で年配の方にも人気のiPad。
聞こえのチェックもできるアプリをご紹介します。


Image 2

  誰でも20代から順番に高音域は聞こえにくくなってきます。
実際に高周波音を出してみると、「えっ、ホントに鳴ってるの?」と言いたくなるはず。
写真 

このアプリでは視覚的に20,000Hzまでの音の大きさも分かります。
静かだと思っている部屋でも随分色んな音がしているんだと驚けます。




Image 8

こちらはヘッドホンを使った本格的な聴力測定ができます。
英語表記ですが簡単です。 HearingSensitiveを選んで、音が聞こえたらタッチ!
赤色に近づく音が多いようなら、ちゃんとした聴力検査を受けられるとよいでしょう。




Image 5

こちらは純音ではなくて「アサ」「アタ」「アカ」「アマ」などの 似たような言葉を聞き分ける事で、聴力を推定します。
日本語で難聴の可能性を判定してくれるので、気楽に挑戦できます。




写真 のコピー

  難聴シミュレータは難聴の方がどのように聞こえているのかを体験するアプリです。
特にご家族の方に難聴ってどいうことなのかを知って頂くのに有効です。
今まで「勝手耳」と言っていた事が実際にはどうなのかが分かって驚きます。
  このアプリだけ有料です ☆




Image


補聴器の紹介アプリもあります。
聴力に応じたお勧め補聴器の紹介ページや、機能の解説ページもあります。
このアプリは今後も無料アップデートで情報が増えていく予定なので楽しみです。




英語版を含めると他にも様々なアプリが見つかります。
耳鼻科や補聴器屋へ行く前の予習用にも使えますので、色々楽しんでください。

    岐阜店 K