ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年7月23日月曜日


最近の補聴器には様々な機能がありますが、ちょっと変わった使い方。

ワイデックスのクリア330以上の補聴器に 電話プラス という機能があります。

これは、両耳で装用した際にどちらか片方のプログラムボタンを長押しすると、
ボタンを押した方の補聴器から拾った音を反対側補聴器にも通信で送り、
両耳で聞く事が出来る機能です。

つまり、左側の補聴器のボタンを押して、電話の受話器を左の補聴器に当てると 
右側にも電話の声が聞こえるんです。

今までは電話はどちらか片方しか聞けませんでしたが
、この機能を使うと両耳で電話の声が聞こえます。
電話の聞き取りはより良くなる可能性がありますね。

この機能を応用すると、
車の運転中でも助手席側の補聴器のボタンを押せば、助手席からの会話が両耳で聞こえ、運転中でも会話が弾む可能性が高くなりますね。

更に、
M-DEX という周辺機器を使用すると、 
前後左右に声や音を聞きやすくするフリーフォーカス機能があるので、
車を運転しながら、後部座席の方との会話も便利になりますよ。


興味のある方は、是非店頭にて聞いてみてくださいね。

大垣店 H