ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年8月29日水曜日

大正2年8月生まれ 99歳で補聴器購入していただきました


久しぶりのご来店。
大正2年8月がお誕生月の女性のお客様です。
まだまだ、足腰も丈夫ですがさすがにお一人では来店できないので息子様同伴で来店されました。

前回購入から5年程経過。
「最近少しゆるくなってきたし、やっぱり新しい補聴器が欲しい。」
という前向きな理由でGNリサウンド社の耳穴型補聴器を注文されました。

今回で3台目の買い替えになります。
補聴器の手入れ・管理も自分でされています。
暇つぶしに、写真のような、装飾品も作られるそうです。















これは折り紙で作られて以前頂いたものです。
大きさ 直径約9センチの作品。
健康の秘訣は、特にないそうですが、何でも自分でされるそうです。
99歳でも補聴器を購入された理由を教えてくれました。
 「聞えないと困るから。」
というシンプルですが、深い言葉をいただきました。

年齢は関係ないですね。 
まだまだお元気で、周りの方とも関わりも大切に過ごされているということですね。

名古屋店 M