ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年8月21日火曜日

超小型シリーズにも新製品が続々登場です

昨年より発売が始まった極小耳あな型補聴器にまた新シリーズ登場です。
聴こえ。価格。形状による選択肢がさらに増えました。
小さいだけでなく、聴こえや使い勝手も満足のいく製品に仕上がっています。


IMG 0588
上の写真がオーティコン社のインティガミニ。<LINK>
下がスターキー社のオトレンズ。<LINK>

以前ご紹介したように、オトレンズの小ささは際立っています。
ただし、耳鼻科での採型が必要なのと、価格が片耳50万円と高額で一般的にお勧めしにくい商品です。


2012 08 21 08 19 21
こちらが新製品。 フォナック社のnanoシリーズ
ペン先ほどの大きさに最新技術が詰まっています。

2012 08 21 08 17 03 近くで見てもほとんど分からない形状です。

フォナック・ナノは機能別に3段階の価格設定。
スタンダードなカッシーアnanoは片耳25万円で製作可能です。

見た目だけでなく聞こえの性能も優れており、
特に屋外での使用や電話の聞き取りが良好です。

  岐阜店 K