ナショナル補聴器センターからのお手紙

2012年12月10日月曜日

起こすだけじゃない。睡眠の「質」を上げる目覚まし時計OKIRO


光を使った目覚まし時計に注目です。
音や振動で無理矢理起こすのではなく、光で体内時計を整える治療器とも言える目覚まし時計です。
もちろん聴力は関係ありませんので、重度難聴の方でも快適に目覚める事ができます。


Top header2



 【 不快感に訴える音と振動 】
音や振動を使う目覚まし時計は不快感に訴えて起こそうとします。ですので、目覚めは心地良いものではありません。また、音や振動は慣れてしまえば効果は薄れてきます。

 【 朝日をイメージしたOKIRO 】
OKIROは全く新しい発想で、朝日の差し込む部屋を再現します。
30分〜90分かけて徐々に明るくなる仕組みは、日の出から太陽が昇っていく様子そのもの。一般的な電灯(約500ルクス)を遙かに上回る最大13,000ルクスの明るさで体を起こしてくれます。

 【 睡眠の質を向上させる光 】
日照時間の少ない冬や雨が続いた日は気分が乗らない事があるでしょう。光と人間が密接な関係があるためだそうです。
起床時に強い光を浴びる事で、スッキリ起きてグッスリ眠るという好循環を生むことができるそうです。<参考リンク>
時差ぼけや睡眠障害で狂った体内時計も強い光を浴びる事でリセットできることでしょう。

 【 低ランニングコスト 】
OKIROは紫外線の出ない日本製LEDを使用しています。
長寿命の4万時間で電球交換は不要ですし、明るさ調整で読書灯としても使用できます。LEDの鮮明な明かりなので目が疲れにくいのもいいですね。
各通販サイトでも目覚まし部門でのランキング1位を獲得しているOKIRO。
販売価格は19,800円です。
自然な目覚めを体感してみてください。



   岐阜店 K