ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年4月17日水曜日

周波数帯域を拡張した最新補聴器


補聴器は音声を増幅して耳の中の鼓膜へと伝えます。
しかし従来の補聴器の周波数帯域は8kHzくらいまでです。

これを12kHzまで広げて増幅出来るようにしたのが、
この度「シーメンス社」から発売された「マイコンシリーズ」です。
(シーメンス社提供資料)

ただ明瞭度だけを求めるのではなく、
違和感の少ない自然な聴き心地、
つまり人らしい音質、耳なじみのいい聞こえを再現する補聴器です。

 「聴き取ろう」としなくても「聞こえてくる」、もっと耳に近づいた補聴器。
48チャンネル・12kHz帯域の「マイコン」を是非試聴してみて下さい。

一宮店 T