ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年6月26日水曜日

最近は耳穴補聴器もカラフルに


今での耳掛け補聴器はレッド・ブルー・なかにはスケルトンカラーもあります。

しかし最近発売されてる耳穴補聴器にも、カラーの物が続々と登場しています。
基本的には、耳穴の補聴器の場合は耳の中に入れてカラー部分は隠れてしまうので、
掛ける物と違って、装用してのおしゃれにはなりませんが、
手に取った時の、気分が違うんでしょうね。
本来の趣旨とは違いますが、
5、6年前にこのようなお客様がおられました。
畑仕事で一度落とした事があるので、
ベージュではなくカラーの補聴器はないかとの依頼です。
理由を聞くと
見つけやすいからとの返事でした。
その時は特別にメーカーさんが対応してくれました。
このようなケースもありますから
ますます耳穴でも主流はカラーになるかも知れませんね。

豊橋店 M