ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年8月14日水曜日

名古屋店がゲリラ豪雨に遭いました

8月5日夜、名古屋市内は激しいゲリラ豪雨に襲われました。
名古屋店は15センチほどの床下浸水でした。
床のカーペットが汚水に浸りました。
電気系統が漏電でダウンしていましたが、朝には電気を使える状態になっていました。
電力会社は漏電点検には来ないんですね!
私たちはこの店に通いなのですが、
商店街に住んでいる人たちは
あっという間に家の中に水が入ってきて、水かさが上がり、
なすすべも無くやがて水が引いていったそうです。
夜中に後片付けが始まりました。
眠れるわけもありません。

開けて翌日、
午前中に熱田区役所の保健所のかたが、汚水の消毒用の石鹸液を配りました。
昼には、瓦礫の回収のためごみ収集車が廻ってきました。
あれから1週間経ちましたが、商店街はまだ汚水と消毒用の石鹸水の臭いが漂っています。
ご来店のお客様にはご迷惑をおかけしますが、ご容赦下さい。

東北でも激しいゲリラ豪雨で被災、非難されたかたがいます。
お見舞い申し上げます。