ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年8月16日金曜日

夏に強い「汗」対策された補聴器

最近のデジタル補聴器は汗対策が(特に耳かけ型)しっかり
されていて、数年前の補聴器に比べて汗による故障が減って
来ているようです。

水・汗の対策方法にもメーカーによって違いがあります。

フォナック社では、ナノコーティング、パッキン及び
シールの工夫で防水・防塵性能を上げて水・湿気・ホコリに
より強くしています。


GNリサウンド社では、特殊なコーティング剤を真空槽内でプラズマ化して
ハウジングや部品の表面と分子レベルで結合させたナノテックコーティングが施され、
汗や湿気を寄せ付けない工夫がされています。

シーメンス社では、シェルと電池室につなぎ目のない一体成形の
密閉ハウジング及びナノコーティングによる撥水加工がされています。

汗の多い方・水周りで装用される方はご検討してみてください。

※ご注意:完全防水とは異なります。

一宮店 T