ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年8月9日金曜日

伊勢神宮「式年遷宮」


先日、お伊勢参りにいってきました。

今年は20年に1度の「式年遷宮」の年という事もあり、平日にも関わらず
凄い参拝客でした。

幸い・・?天候にも恵まれ、参拝までの長い道のりにバテそうになりながら
なんとか参拝してきました。

式年遷宮について・・・
遷宮(せんぐう)とは、神社の正殿を造営・修理する際や、 正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことです。式年とは定められた年という意味で、 伊勢神宮では20年に一度行われます。
神宮にとって永遠性を実現する大いなる営みでもあるそうです。
何を新しくするのかというと・・・

・正殿(しょうでん)
 神宮の諸殿社の中で中心の社殿。

・御垣内(みかきうち)の建物全て
 宝殿、御垣、御門等。

・御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)
 神の衣服や正殿の装飾や器物等をいいます。

行った時にはまだ、公開されていませんでしたが、あたらしい木の良い香りが漂っていました・・。
パワースポットとしても有名なので、沢山の自然のパワーをもらったような気がしました。
もらったパワーを少しでもおすそ分けできるように、皆さんがご来店の際には元気いっぱい笑顔で頑張ります!!

岐阜店 U