ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年9月25日水曜日

今年の夏の暑さで

例年夏の暑い時期だと
汗で特に耳掛けの補聴器ですと汗が付着してしまい
マイク部から湿気が侵入してしまって不入音になったり、
電池の切片の箇所にサビが発生してしまい電流に支障をきたす場合があり
無音状態になる等の故障でお客さまから修理で預かる事が多かったですが、
最近では
通年で考えても、夏場だから故障が多いという事も以前に比べて少なくなっている様に感じます。
メーカさんの技術向上(撥水加工)等で故障率も減っているようです。
大事な事は
使用されている人の身になって困っている事があれば改善していくことを常に考える
接客を心掛けたいですね。