ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年10月10日木曜日

補聴器についてよくある質問

お客様から日ごろ、よくご質問を頂く内容です。

質問①
補聴器の寿命はどの位??

答え:一般的には5年~7年位で買い替えられる方が多いです。
但し5年~7年で壊れてしまうというわけではありません。
5年~7年経過すると、ご本人の聞こえの具合がかわったり、
補聴器の感度も少しずつ落ちてきます。
後は5年位経過すると、
お使いの補聴器よりも性能のよい物が出てきて買い替えをされるケースが多いです。

質問②
補聴器を付けると耳が悪くなる事はない??

答え:補聴器を付けることによって耳が悪くなる事はありません。
補聴器は小さい音を大きく、大きな音は大きすぎず音が入ってくるように
抑制装置が搭載されています。
逆に普段から色んな音を聞く事で、音を聞き分けるトレーニングにもつながります。
ですから、補聴器がはじめての方は
終日装用出来るようになる事がはじめの目標になります。

今回は2つの内容についてピックアップいたしました。
今後も素朴な疑問については投稿させて頂きますので、補聴器をご使用される際の参考にしていただければと思います。

岐阜店 U