ナショナル補聴器センターからのお手紙

2013年11月19日火曜日

恐怖の表面フラッシュ

すっかり寒くなり、暖かい服に身を包むこの季節
家の中でも、軽くてぽかぽか素材の上着を羽織ったりしますよね。

今から、かれこれ10年以上も前の出来事ですが
そんな暖かい格好で炊事をしていた時に、
私の服にガスコンロの火が引火した事があるんですよっ!!

まず左の袖口に火が付き、
瞬く間に右側の肩まで火が広がっていったのです。

ちょうど、その数日前に着衣着火で火傷した人を取り上げていた番組を見て
表面フラッシュという言葉を知りました。
わずかな炎の着火で短時間に衣類の表面に火が走る現象です。
まさか自分が遭遇するとは思いもしていませんでしたが…

その時は幸いにも近くにいた家族に火を消してもらい、
被害は上着と後ろの髪の毛が少し焦げた程度で済みましたが、
思い出すだけでもゾッとします。

それからは、炊事中はガスコンロとの距離に気をつかい、
長袖を着ている時は袖をまくるようになりました。

これから空気の乾燥する季節、火の用心ですね!