ナショナル補聴器センターからのお手紙

2014年8月30日土曜日

補聴器大国 デンマークの秘密!

世界の補聴器トップメーカーがひしめくデンマークへ行ってきました。
訪問先はオーティコン社とその関連会社数社です。

2014 08 18 09 50 15

デンマークにはオーティコン社の他、GNリサウンド社とワイデックス社という世界の補聴器業界をリードする3社があります。
中でもオーティコンは補聴器以外にも人工内耳や聴覚測定機器などもカバーする聴覚の総合企業で、規模も売上もNo.1です。

 
2014 08 18 11 01 27

もの凄い勢いで進化するデジタルチップや音声処理技術をリードするために、年間100億円規模という桁違いの開発投資をしています。
製品に対する品質テストも徹底していて、過酷な使用条件の中でも壊れないで働き続ける補聴器の開発を目指しています。


2014 08 20 10 25 56

オーティコン社が素晴らしいのは補聴器の開発以外の充実度です。
例えば聴覚研究所では開発サイクルに縛られることなく、真摯に難聴者と向き合った研究が行われています。そこでは行動心理学や音響心理学の専門家なども加わり、各国の研究施設と連携して進められています。

研究概要は一般にも公開されていますので、ご覧になってみると面白いかと思います。

2014 08 21 08 19 35

デンマークの街並みは北欧のとても落ち着いた空間です。電線や派手な看板は見当たりません。基本的に建物を壊さないので、数百年経過した家がたくさんあります。
日本人から見ると国中がテーマパークのような雰囲気で、どこで写真を撮っても絵になるのが魅力でした。
 
 
日本から遠く離れたデンマークですが、オーティコン本社では日本の事情にも大変興味を持って改善に取り組んでいます。
難聴を支える環境がもっともっと整備されていくのが楽しみですね。

  岐阜店 K