ナショナル補聴器センターからのお手紙

2014年12月15日月曜日

「冬期の電池使用上のご注意」

このところ、冷え込みも激しくなり
室内で暖房器具を使用する機会が多くなると思います。

冬になると電池がすぐ無くなる!
と経験された方もいると思います。

補聴器の電池は空気電池を使用しており、
暖房器具より発生した二酸化炭素により
電解液が劣化しますので、
電池寿命が短くなることがあります。
なので、暖房器具を使用する場合は
十分に換気を行ってください。

また、気温が低いと本来の電池性能を十分に発揮できませんので、
電池が冷えている場合は体温で少し暖めてからご使用下さい。

名古屋店 N