ナショナル補聴器センターからのお手紙

2015年7月3日金曜日

つげの櫛

朝起きたら異常に目がゴロゴロと違和感があったので
鏡を見たら「ものもらい」が出来ていました。。
随分と久しぶりな気がします。

で、ブログタイトルの「つげの櫛」を出してきました。
なぜ「つげの櫛」かと言うと、、、

櫛の柄を畳のへりで擦ってものもらいに当てると治る

おばあちゃんの知恵袋的な民間療法ですが
子供の頃この方法で治していたんです!!
ものもらいが出来ると祖母が擦って熱を持った
櫛を目に当ててくれました。
祖母が亡くなった時、遺品として大切にしまっておいたのです。

早速畳で擦ろうと思ったのですが、、、
なんと我が家に畳がありませんでした。。。
結局は眼科で治療していただきました(笑)

久しぶりに出した「つげの櫛」を手に取り、
祖母を思い出す出来事でした。

一宮店 N