ナショナル補聴器センターからのお手紙

2015年10月1日木曜日

電池も目覚めが悪くなります


朝涼しくなってきました。
特に朝は起き辛いですね!

補聴器用空気電池も目覚めが悪くなります。

新しい電池を使う時、プラス側に付いているシールをはがして使います。
この時、気温が低いと電池が働きだすのに時間がかかるようになります。
つまり、補聴器から音が出ません。

新しい電池を使う時は、
シールをはがしてからすぐに補聴器の電源を入れずに
30秒から1分くらいそのままにしておきましょう。
特に私達が寒いと感じるような時には、
電池を手の中で温めてから電源を入れないと、
補聴器が正常に働かないことがありますので、
ご注意ください。

名古屋店 YT