ナショナル補聴器センターからのお手紙

2016年3月16日水曜日

障がい者総合支援法の重度難聴用耳かけ型補聴器でオーティコン補聴器C100SP登場

補聴器メーカーのオーティコンから
障がい者総合支援法の重度難聴用耳かけ型補聴器で
C100SPが登場しました。
  
       ※ 画像はオーティコン ホームページから        

最新機能のイニウム・チップを搭載し、
音声の聞きやすさ、雑音処理、ハウリング抑制の機能がさらに改善されました。
使用電池を13電池という小型なものなのに、
最大出力が143dBという超高出力で、従来販売されている3000DMに匹敵するものです。

サイズの大きな44電池を使う
フォナックのナイーダS1UP
シーメンスのオクティブSP+
これに対抗する総合支援法の重度難聴用耳かけ型が登場し
選択肢が増えました。

名古屋店 YT